アガパンサス・ガーデン

アガパンサス・ガーデン

アガパンサス・ガーデンは、ランドスケープ・デザイン アーキテクトである彼にとって、まさに実験の場である。常に探求し、進化し続ける。アレクサンドル・トマは、自分の作品を理解してもらうために、訪れる人々に庭を開放している。世界中から庭を愛する人々が、ガーデン・アートの傑作と言われる彼の庭を訪ねるようになった。

9000㎡わたる庭に芝生はなく、各所に彼の愛する植物による演出が施されている。現代的な庭は計算された構造で、地形を活かし、テラスや壁、流れる水、池などが迷宮のように配置され、情緒ある空間が創造されている。

細かい砂に覆われた部分が統一感をもたらす。アガパンサス・ガーデンは、四季それぞれの表情をみせ、インスピレーションの源となる。たくさんの植物に添えられたインテリア、噴水、またそこに暮らす動物たちも、ガーデンを生き生きとした人間味のある空間にするのである。